主な戦車

タイガーI

【タイガーIとは】第二次世界大戦にドイツ国防軍と武装親衛隊が使用したVI号戦車 (制式名称 Panzerkampfwagen VI Ausf. E (Sd Kfz 181) )の通称である。 1942年後半からナチス・ドイツが降伏する1945年まで第一線で活躍した重戦車である。 一般にはタイガー戦車という英語読みで広く知られている。登場直後から乗員の間で「無敵の戦車」と呼ばれ、伝説化した。

ドイツV号戦車パンサーG型

【ドイツV号戦車パンサーG型とは】第二次大戦の独ソ戦で、すべてのドイツ戦車を時代遅れとしたソ連のT34中戦車を凌駕するため 、ドイツが総力をあげて開発したのがV号戦車パンサーです。1943年に戦場に登場。傾斜装甲による優れた防御力の車体に700馬力の マイバッハHL230P30 4ストロークV型12気筒ガソリンエンジンを搭載して路上での最大速度55km/hを発揮。

ドイツ重戦車 キングタイガー (ヘンシェル砲塔)

【ドイツ重戦車 キングタイガー (ヘンシェル砲塔)とは】第二次大戦後期の1944年に登場したドイツの重戦車がキングタイガーです。 車体前面150mm、側面80mmという分厚い装甲の車体に出力700馬力のマイバッハHL230-P30エンジンを搭載。 最初の試作50両がポルシェ社設計の砲塔を載せていたのに対し、量産型はヘンシェル社設計の改良型砲塔を装備、 2,000m先の厚さ150mmの装甲板を貫通できる強力な71口径88mm砲を備えていました。

ヤークトパンサー(ロンメル)

【ヤークトパンサー(ロンメル)とは】1942年の夏、ドイツ陸軍はパンサーのシャーシを利用した重駆逐戦車の開発を決定。 これが後に、第二次大戦中に開発された最良の陸戦兵器の一つと言われたヤークトパンサー(ロンメル)です。 当時最強の71口径8.8cm砲を搭載し、装甲厚は車体前面80mm、側面50mm。大きく傾斜させて避弾経始を高め、戦闘重量も45.5トンにおさえられていました。

ソビエト重戦車 JS-2

【ソビエト重戦車 JS-2 とは】 ドイツ軍のタイガーIやパンサーを正面から撃破するために開発されたのがソビエト重戦車JS-2です。 当時のソ連の最高指導者、ヨシフ・スターリンのイニシャルを冠したこの重戦車は、強力な長砲身122mm砲と最大120mmに達する重装甲、 優れた機動力を兼ね備え、第二次大戦後半の1943年12月に生産を開始。

M51スーパーシャーマン

【M51スーパーシャーマンとは】第二次大戦後、イスラエル軍は砂漠での戦いに必要な戦車の軍備強化のために、 大戦中に活躍したM4シャーマン戦車の主砲を大口径火砲に換装する独自の改良を施したスーパーシャーマンの 配備を進めました。中でもアラブ諸国が導入していたソ連製のT-55やJS3戦車に対抗するため、 フランス軍が主力戦車AMX-30用に開発した強力な105mm砲をベースに砲身長を1.5m短縮したD1504戦車砲を搭載した。

レオパルト2A6

【レオパルト2A6とは】バランスの取れた性能と優れた信頼性により、世界10ヶ国以上で主力戦車として採用されている ドイツのレオパルト2。その攻撃力と防御力を一段と強化し、2001年から部隊配備が開始されたのがレオパルト2A6です。 主砲である120mm滑腔砲をそれまでの44口径から長砲身55口径に換装し、砲口初速や装甲貫徹力が大幅に向上。

イギリス陸軍チーフテン戦車

【イギリス陸軍チーフテン戦車とは】イギリス陸軍の主力戦車として1961年に公表されたのがチーフテンです。 重装甲の車体には車体前面や砲塔前面に鋭い傾斜がつけられ、強力な55口径120mmライフル砲を装備し、 19000cc垂直対向6気筒多燃料ディーゼルエンジンを搭載。当時、最強の火力と防御力を誇ったのです。 さらに、エンジンのパワーアップをはじめ、Mk.III/3型以降はレーザー照準装置を備えるなど改良が続けられました。

このページの先頭へ