ドイツ重戦車 キングタイガー (ヘンシェル砲塔)

【ドイツ重戦車 キングタイガー (ヘンシェル砲塔)とは】第二次大戦後期の1944年に登場したドイツの重戦車がキングタイガーです。車体前面150mm、側面80mmという分厚い装甲の車体に出力700馬力のマイバッハHL230-P30エンジンを搭載。最初の試作50両がポルシェ社設計の砲塔を載せていたのに対し、量産型はヘンシェル社設計の改良型砲塔を装備、2,000m先の厚さ150mmの装甲板を貫通できる強力な71口径88mm砲を備えていました。1944年初夏から1945年3月までに約440両が生産され、ドイツ軍が形勢逆転を狙った1944年12月のアルデンヌの戦いに集中的に投入されるなど大戦終結の日まで奮戦、連合軍にとって最大の脅威となったのです。

サブコンテンツ

ラジコン戦車の商品

  • キングタイガー ラジコン戦車 1/16 完成品

    第二次大戦後期の1944年に登場したドイツの重戦車、キングタイガーの1/16スケール電動ラジコン戦車の完成品となっています。4chプロポや7.2Vニカドバッテリー、充電器などRC走行に必要な全てをセットして、重量感あふれる前後進や左右旋回はもちろん、砲塔旋回や砲身の上下も制御可能にしました。射撃時の砲身後座や車体反動まで再現しています。

このページの先頭へ