ソビエト重戦車 JS-2

【ソビエト重戦車 JS-2 とは】 ドイツ軍のタイガーIやパンサーを正面から撃破するために開発されたのがソビエト重戦車JS-2です。当時のソ連の最高指導者、ヨシフ・スターリンのイニシャルを冠したこの重戦車は、強力な長砲身122mm砲と最大120mmに達する重装甲、優れた機動力を兼ね備え、第二次大戦後半の1943年12月に生産を開始。1944年8月からは車体前面上部のハッチや段差をなくし、防御力を高めるなど大幅な改良が施されました。中でもチェリャビンスク・キーロフスキー工場(ChKz)で生産された車輌は、丸みのある一体鋳造製の車体前部が特徴です。JS-2は対戦車戦はもちろん防御陣地の突破戦にも絶大な威力を発揮。大戦末期のソビエト主力戦車として勝利に大きく貢献したのです。

サブコンテンツ

ラジコン戦車の商品

  • ソビエト重戦車 JS-2 ラジコン戦車 1/16 完成品

    ドイツ軍を圧倒し、勝利に大きく貢献したソビエトの重戦車JS-2を再現した1/16スケール電動ラジコン戦車の完成モデルになります。長砲身122mm砲を備えた大型の砲塔に、なめらかな面構成の車体前部など存在感のある姿を高い実感でモデル化しております。砲塔や車体はソ連戦車ならではの荒々しい鋳造肌を表現し、エンジン吸気グリルやシャックルホルダーなどにエッチングパーツを使用して精密感を高めました。

このページの先頭へ